My Concentration

理想の人生を生きる黙示録 to 忘備録

失敗と反省と学び

f:id:jyonetu:20171220230047j:plain

突然ですが、人は誰しも失敗します。

しかし、失敗は必ず意味があって失敗します。

 

僕は数えきれないほど失敗をしてきました。

そしてきっとこれからも毎日失敗を繰り返しながら生きてゆくんだと思います。

 

今この記事を書いてる間にもカップ麺をこぼしました。

なぜカップ麺をこぼしたのか?

 

きっとこの問いが大切なんだと思います。

 

 

先週BitMexにて1回目のFX取引を行いました。

結果としは上振れで好成績を収めることが出来ましたが、僕は次の週に失敗を犯しました。

 

2回目の取引を先週行ったのですが、6万程の運用資金から始めて、40万程まで資金を伸ばすことに成功していました。

 

 

しかし、僕は決定的なミスを犯しました。

株取引でも、FX取引でも必ず行わなければいけない鉄則を破りました。

 

 

「損切」です。

 

 

先週Bitcoinの先物取引が開始されましたが、その初日にBitcoinは乱下降しました。

その時、僕は丁度2回目の取引最中で、レバ40倍でロングポジションを取っていました。

 

 

降下が始まってから、損切をしようかと考えはしましたが、僕はそのままチャートを静観。メンタルに頼って、上振れを待ちましたが、結局ロスカットまで行きました。

 

 

失ったものに対しての感情はありませんが、なぜ僕が損切をしなかったのか?という点においては大いに反省しています。

 

これから専業で投資家を目指す人間のやることじゃないと、今改めて反省しています。

非常に甘い観測を持っていました。

 

 

取引を行う上で、チャートをチェックしたり、テクニカルやファンダメンタル分析を行うことも大切だと思いますが、何より自分の心と冷静に向き合えなかった、そして行動に移すことが出来なかった部分では、本当に未熟者だと痛感しました。

 

 

初めて行った取引で成功できたのは、言うまでもなくビギナーズラックというものですが、そのあとが肝心で、僕はそこを見落としていた。

 

 

そして結果的に、追加の資金を用意することになりました。

 

 

ビットコインFXは短期売買です。

ゆえに、投機的要素が多く、一瞬で相場が変動します。

 

そんな怖さを追証なしがカバーしてくれてるとは言え、本当に意識が足りなかったと反省しています。

 

 

人生は一度きりですし、失ったもの過ぎ去ったものは決して戻りません。

僕が掲げた目標である専業投資家は、今の僕にとっては遥かエベレストの山のように高く聳えていますが、決して登れない山だとは思っていません。

 

 

ビットコインで投資を始めたのも、時流に乗る一つの手段だと思った節があります。

どんな投資分野、どんなスタイルでも言い訳せずにしっかり獲っていけるようになるには、手段を選んでいてはいけないと思っています。

 

今は兼業ということで、1日を取引に費やすことはできませんが、常に目指すべき場所を見据えながら一歩ずつ歩いていきたいと思います。

 

 

明日か、明後日にはもう一度、反省を踏まえたうえでビットコインFXの取引を再開していこうと考えていますので、応援宜しくおねがい致します。

 

 

必ず専業投資家として成功します。